特定非営利活動法人LOVE&PEACE NOA いぬ・ねこ・齧歯類の里親募集

活動内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特定非営利活動法人LOVE&PEACEの動物福祉部(NOA)です。

1998年から青少年教育団体として設立され、2003年に認証を頂いたNPO法人です。2007年に行政の施設に保護されている捨てられたうさぎがいることを知り、行政とお話しをして捨てられた子たちの新しい飼い主探しのお手伝いを始めたことがきっかけとなり、動物たちの置かれている現状を知っていただけるように啓蒙啓発を行っています。また、捨てられる動物は多種にわたり、すべてを保護することはできませんが、縁のあった動物たちを保護し、新しい飼い主さんとの出会いをつないでいます。

昨年度まで動物たちの問題については、青少年教育と並行する形で行ってまいりましたが、2014年度総会での議決を経て今後は動物福祉部という部署にて「動物を捨てることのない命にやさしい社会づくりを目指して」をテーマにして頑張ってまいります。ただし、あくまで青少年教育団体の一部署としての動物たちと関わっていくという立場です。

保護団体や愛護団体ではありませんし、それほどのことをしていくだけの力もありませんので、飼えなくなったから引き取ってというご依頼はお断りしています。

動物福祉部は内部的な部署名ですが、みなさんにはNOAという名称で覚えていただけましたら幸いです。

NOAとは、「New order of animals」の略で「動物たちの新しい秩序」という意味になります。

昭和の時代、あるいはそれ以前は犬や猫の地位は明らかに低く、命の尊厳などを考える余裕を持たない社会でした。しかし平成の時代になり、経済的にも物質的にも豊かになった現代、犬や猫はもちろん、うさぎやそのほかの動物たちもペットとしてお迎えされる家庭がどんどん増えてきました。そして今や「ペット」ではなく「家族」として共に暮らすパートナーという存在になっている家庭も珍しくありません。

ただ残念なことに、いまだに家族という存在でなく所詮犬猫という感覚の人たちもいますし、また命をはぐくむという大切なことを甘く考えて育てていくことができなくなってしまうような方もいます。そんな人たちが安易に捨ててしまったりして行くところがなくなってしまった動物たちが日本各地にいます。近年では「殺処分ゼロ」へ向けての取り組みも進めている自治体なども増えてきつつありますが、まだそんな行き場を失った動物たちの多くは人間の身勝手な行動で殺されてしまっています。殺処分をなくしていくという活動はもちろんですが、根本的な問題として「動物を捨てない」「安易な考えで動物を飼わない」ということを市民のみなさんに考えていただくよう、頑張ってまいります。

また捨てられて行き場を失った動物に関しては連携している行政からの依頼のみとさせていただいていますのでご理解ください。

 ◆ 団体概要 ◆ 

名称 特定非営利活動法人LOVE&PEACE 

設立 1998年4月 

NPO法人認証 2003年12月 

代表理事 阪上義昭

◆動物福祉部概要◆

動物福祉部長 熊谷 彩

所在地 大阪市平野区

連絡先  noa@love-peace.jp
◆ 活動内容  ◆

動物達の福祉を考える会

遺棄動物をなくすための啓発 

学校飼育動物の適正化への支援 

★動物福祉部は第2種動物取扱業届出済