特定非営利活動法人LOVE&PEACE NOA 犬猫エキゾチックアニマルの里親募集

どうぶつを安易に迎えないで下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

簡単に飼える動物はいません。現在も捨てられた犬・猫・うさぎ達がとても多く保護されています。
この背景には、「かわいいペット」と銘打ったTV番組や雑誌などの影響が大きいと思われますが、それに加えて、オカネになると踏んだ業者がろくに知識もないままに繁殖に乗り出していることや、イベントごとに大量に仕入れ、プレゼントなどに動物たちを薦める量販店、ペットショップの安易な販売方法にも問題があると思われます。
またブリーダーや専門店だから良いという問題でもありません。どんな店であれ商売で扱っている以上どうぶつ達に無理強いは多かれ少なかれしています。
しかし、どのような経路であれ、お迎えする飼い主が生涯大切に愛情を注ぐということをしっかりと考えていただかなくてはいけません。
理由はどうあれ、命を捨てるようなことを平気でするようなら最初から飼うべきではありません。安易に飼って、安易に捨てる。そういうことが平気で出来る人が多すぎます。「仕方なかった」などと自分をかばう飼い主もいますが、仕方なかったで殺される身にもなるべきです。
~動物の愛護及び管理に関する法律(抜粋)~

第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

2  愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、百万円以下の罰金に処する。

3  愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。

4  前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。

一  牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる

二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの
  お店で動物たちを眺めていると、店員さんに「かわいいですよ、飼いやすいですよ」と薦められた経験を持つ人が多いようです。

お店は売上げがあがらないとお給料も出せませんので一生懸命販売に力を入れます。
そんな甘い言葉に乗せられてよく考えもせずに購入しても、実際は毎日のお掃除やお世話は結構大変ですし、赤ちゃんで迎えた子でもみるみる大きく成長してくるし、いたずらしたり、ほえたり、かじったり。なんていう状態になりキャーキャー言っていたのは最初の頃だけで、結局お世話もろくにせず、最悪のパターンは衰弱死。あるいはどこかへ捨てる、保健所へ持ち込む。
動物たちはおもちゃじゃありません。
お迎えを考えるなら、まずは動物の生態や育て方などをしっかりと勉強してそれから考えていきましょう。
 毎日の食べ物はもちろん、病気になった場合にはブランド種もMIXも料金に違いがあるわけではありません。
特に病院代はかなりかかることを覚悟しなければいけません。大きな手術になると30万円や50万円という請求がくることも稀ではありません。
安易に購入したけど、いざ病気になって病院代が高いからと捨てられる子があとをたちません。
経済力がある程度なければどうぶつをお迎えするのは難しいのです。
 お子さんが生まれる予定のある方、アレルギー体質の方。
こればかりは、なかなか難しい面もあるのですが、色んな里親募集サイトを見ていると「赤ちゃんが生まれたので飼えません」とか「アレルギーになったので飼えません」という募集記事をかなり多く見かけます。お迎えを考える際に、アレルギー検査を受けておくことをお薦めします。
また、お若いご夫婦など、赤ちゃんが生まれる可能性がある方はよく考えていただかなくてはいけません。
飼い主の勝手であちこちたらいまわしにされたり、捨てられたりする動物たちが本当に多すぎます。
お迎えしようと考えている子は大切な「いのち」だということをもう一度しっかりと考えていただければと思います。